GaGaGadget

SPONSORED LINK

Androidアプリ『大気汚染予報』で中国からの“黄砂”に備えよう

chna_gass.jpg

ほんと勘弁して下さいよ、中国さん。

「Nexus 7」に入れておきたいアプリ10本

nexus_jpi.jpg

快適なタブレットライフを!

年賀状の準備はお済ですか?日本郵便が年賀状を簡単に作れる iOS / Androidアプリを公開

hagaki.jpg

今年も残すところあと29日、そろそろ年賀状の準備もしなくてはいけませんね。
そんな方のために日本郵便では、年賀状を簡単に作成することのできる「はがきデザインキット」を公開しました。このキットは PC版、Android版、iPhone版と三種類用意されており、それぞれ無料のアプリを端末にダウンロードしてお手軽に年賀状を作成できるといったもの。

iPhoneカメラによるリアルタイム翻訳を可能にしたアプリ「Word Lens」が凄い

iPhone-Camera-Translator-Word-Lens-App-580x432.jpg
iPhoneアプリ「Word Lens」はカメラの文字認識プログラムを利用してリアルタイムで翻訳してくれるとても近未来的なアプリです。

このソフトの凄いところは何といっても撮影した映像を元に、文字サイズ、文字色を似せて画像に投影させるところでしょう。上の画像はそのサンプルで英語からスペイン語に翻訳したところ、別のテキストとして翻訳が表示されるのではなく、元からあった物に対して塗り替えられたように表示される。以下動画

Google Map アプリが5.0にアップデート 3Dにも対応してコンパスモードまで!

google-maps-5-1.jpg
Android端末をお使いの方なら誰でもGoogleマップはご存知と思いますが、今回そのGoogle MAPがアップデートされ、バージョン5.0となりました。

主な変更点として以前までは平面表示のみであったが、画像のようにベクターグラフィックを利用した3D表示に対応した事があげられます。建物の大きさが分かるだけではなくベクターグラフィックにより従来よりもデータ量を大幅に削減できたことで表示速度も向上している。移動やズームなどの操作がより軽快になった。

画像右はコンパス機能を利用した状態、自分を中心とした視点で表示している。どちらの方向に向いているかが分かりやすく、3D表示と照らし合わせる事で見知らぬ土地でも受信さえできれば正確に位置が把握できそうだ。