販売停止中の『REGZA Phone T-01D』が12月2日より販売再開。ソフトウェア更新でも対応

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

販売停止中の『REGZA Phone T-01D』が12月2日より販売再開。ソフトウェア更新でも対応

regza_t01.jpg

11月18日にドコモが富士通東芝製の「REGZA Phone T-01D」を発売しましたが、その後ユーザーから「音声通話とパケット通信ができない」といった苦情が相次ぎ販売を一時停止。その不具合に対応出来る目処がついたようで12月2日に販売を再開すると発表しました。

また、既に購入して保有しているユーザーに対しては、不具合解消のためのソフトウェア更新を11月28日午前10時より提供する事もあわせて発表されました。

ソフトウェアの更新方法はこちらを▽
REGZA Phone T-01Dのソフトウェアアップデート情報


ドコモが発表した原因として「ソフトウェアの不具合によるもので、電池残量が著しく低下(5%以下)した際、または初回電源投入時に、音声通話・パケット通信ができなくなる場合がある。」との事、スマートフォンとしてはかなり致命的な不具合でした。

自滅により華麗なスタートダッシュを決める事はできませんでしたが、何事もなければ12月2日には正常な「REGZA Phone T-01D」を購入する事ができそうです。

ソース:ドコモ報道資料
【Docomo】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する