ヘッドギア型 Android 4.0端末『Natalia』が未来的で超カッコいい。3D表示などに対応

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ヘッドギア型 Android 4.0端末『Natalia』が未来的で超カッコいい。3D表示などに対応

hgia.jpg

近未来アニメを思わせるこの外観。
このネタみたいな端末は Sensics社が1月10日に行われる CES2012で発表するヘッドギア型3Dディスプレイ『Natalia』。ゲーム機やスマートフォンなどを外部接続する事により 3Dディスプレイとしてリアルで迫力のある映像を楽しめるほか、Android 4.0にも対応しており単体でも機能するのが特徴。

発表された仕様として、1.2GHz デュアルコアプロセッサ、真の3Dディスプレイ(1280 × 1024)、SDカードスロット、Wi-Fi / Bluetooth対応、ステレオスピーカー、埋め込みマイク、360度視点、前面に付いたセンサーが空間のタップを認識する事で画面操作が可能、指を銃の形にする事で FPSゲームなどもバーチャルな操作感が得られるようです。
また、電源がバッテリー式なのでこれを装着したまま街に出る事も出来ます。


CESではプロトタイプが展示されるそうなので、価格やリリース時期の発表もあわせて行われるかもしれません。お高そうですが一度装着してみたいガジェットですねー。

ソース:Sensics / pinoytutorial
攻殻機動隊 (1)    KCデラックス攻殻機動隊 (1) KCデラックス
士郎 正宗

講談社 1991-10-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【その他・海外】カテゴリーの過去記事
タグ: CES | コメントする
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する