iPhone VS Android 米スマートフォン新規契約で iPhoneが強烈な追い上げ(ニールセン調べ)

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

iPhone VS Android 米スマートフォン新規契約で iPhoneが強烈な追い上げ(ニールセン調べ)

Apple-Eats-Android-580x516.jpg

調査会社 Nielsenが発表した「米スマートフォン市場の2011年第4四半期(10~12月)の調査データ」によると、スマートフォンの新規購入者数でアップルのiOSが3カ月前よりシェアを19.4ポイント伸ばし、失速気味の Androidとの差を2.4%までに縮めたそうです。

公開された推移を示すグラフがこちら ▼

smartphone-recent.png

Appleは昨年10月に発売された「iPhone 4S」が影響しているようで、ここ3ヶ月で急激にシェアを伸ばし19.4%+の44.5%。
一方、Androidを新規契約した人の割合は、iPhoneの影響もあってか 10月時点の 61.6%から 12月には 46.9%まで低下。BlackBerryの RIMについては毎月そのシェアを落としており完全な二極化が進んでいる。


smartphone-os-share.png

スマートフォン利用者全体のシェアでは、1位のAndroidの46.3%、2位のiOSは30%、3位のRIMは14.9%と順位に変動はない。3ヶ月の新機種を購入したユーザーだけをみると、Androidが51.7%、iPhoneが37%だった。


smartphone-penetration.png
今回の調査結果で携帯電話全体で見たスマートフォンのシェアは 46%となり、調査期間中の3カ月でスマートフォンを新規契約する人の割合は 60%にも上ったとの事。

ソース:nielsen.com
【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する