角川グループ、アマゾン『Kindle』向け電子書籍の配信契約を締結。価格決定権はアマゾン!

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

角川グループ、アマゾン『Kindle』向け電子書籍の配信契約を締結。価格決定権はアマゾン!

無題

話がまとまる訳がない、ないない(笑) からの~合意。
出版業界紙の新文化が、角川グループと Amazonとの間で電子書籍の配信契約が締結されたと報じていますよ!しかも価格決定権は Amazon側が握るという信じられない内容です。

角川書店アスキーメディアワークスエンターブレイン角川学芸出版富士見書房メディアファクトリーなどのグループ傘下の全出版社が契約を締結。キンドル上で、グループ傘下の出版社が提供する電子コンテンツを販売するほか、同サービスが対応しているPCや各種スマートフォンなど、すべてのデバイスに配信するもの。
「価格決定権」はアマゾン側が持つ。


角川グループといえば日本でも有数の出版社、そんな大物が「価格決定権」をアマゾン側に持たせるなんて大事件ですよね~これ。今までのビジネスモデルを崩したくない出版社が多い中、沢山の読者を持つ巨大企業、角川グループが Amazonのプラットフォームに参加しちゃうんですから、他の出版社にも少なからず影響があるんじゃないでしょうか。

尚、電子書籍リーダー『Kindle』の発売は今年の4月にも発売が開始されるとの噂、春には文庫をはじめ、週刊誌なども『Kindle』他、スマートフォンやPCでも読めるようになりそうですね。

ちなみにアメリカでの電子書籍価格は紙のものより2割~3割ほど安く販売されています。

ソース:
shinbunka
Amazonオリジナル マグカップ 白Amazonオリジナル マグカップ 白

2006-11-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する