さようなら「Android Market」→『Google Play』へと名称変更、デジタルサービスの統合で

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

さようなら「Android Market」→『Google Play』へと名称変更、デジタルサービスの統合で

androidplay.jpg

Googleは3月6日、クラウドコンテンツサービス『Google Play』を発表しました。

Google Play』は、アプリストアであった「Android Market」、米国の音楽サービス「Google Music」、電子書籍ストア「eBookstore」の三つが一つに統合されたサービスになります。

rentra.jpgアプリ、ゲーム、動画などの購入したコンテンツはクラウド上に保存され、同じGoogleアカウントでログインしている端末であれば機種を問わず、PC、スマートフォン、タブレットなどで自由に共有できるのが特徴。

クラウド上に保存されるため、通勤中にスマートフォンで読書を始め、家に帰ってからPCで途中のページから読み始めるといった事も可能になります。

日本版では、Androidアプリと映画コンテンツのみが今のところ提供されており、レンタルした映画を スマートフォンで見る場合は Android 2.2を搭載した端末に「Google Playムービー」アプリをインストールすることで、オフラインでも映画を楽しむことが出来る。


音楽サイトのような名称に違和感を感じますが、そのうち慣れていくのでしょうか。
それにしても殆どが旧作映画でレンタル料金が300~400円とはなかなかですねー。

ソース:Google PLAY

B007F5JJSMミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-04-27

by G-Tools
【Google】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する