ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」+「Kinect」+「Skyrim」で冒険に出かける【動画】

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」+「Kinect」+「Skyrim」で冒険に出かける【動画】

skyrim-kinect-demo-1.jpg

近い将来の家庭用ゲーム機はこうなっちゃうかもね。

海外のゲーマーがソニーのヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」と、マイクロソフトが発売する体感型コントローラー「Kinect」などを使い、世界的大ヒットとなったロールプレイング「Skyrim(スカイリム)」をプレイするという動画を公開しましたよ。


若干精度に問題がある様子で、最後には「mother fu○ker」「oh....Son of a bi○ch!」とご立腹で動画は終わっていますが、体を動かすことで歩いたり走ったりジャンプしたり、腕を振れば敵を斬りつけ、メニューの操作は声で行う、といった誰もが夢見たゲーム環境となっています。

尚、このシステム構築にかかる費用は

HMZ-T1:74,800円
Kinekut:11,800円
Skyrim:6,180円
 
価格.com調べ

この他にPCやマイクが必要になります。まぁなんといっても「HMZ-T1」が高い!

製造コストが下がるまでにはまだまだ時間が必要です、しかしいつの日かこんなゲーム機が任天堂やソニーから発売されるかもしれませんね。任天堂はバーチャルボーイの失敗があるからないかな....。

ソース:YouTube
バーチャルボーイ (本体) 【バーチャルボーイ】バーチャルボーイ (本体) 【バーチャルボーイ】

任天堂 1995-07-21
売り上げランキング : 22819

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【ゲーム】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する