ソニーモバイル、新機種『Xperia neo L MT25i』を中国で発表 Android 4.0が最初から搭載

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソニーモバイル、新機種『Xperia neo L MT25i』を中国で発表 Android 4.0が最初から搭載

sony_xperia_neo.jpg

ソニーモバイルが「Xperia Sola」に続き、またもや新機種を発表しました。

3月20日に中国で開催されたイベントにてお披露目されたもので、名称は『Xperia neo L(MT25i)』。初期状態にして最新のOS Android 4.0を搭載した状態で発売されます。

スペックとしては 4インチ液晶ディスプレイ(854 x 480)、1GHz駆動のシングルコアプロセッサに 512MB RAM、カメラ500万画素、サブ30万画素、ストレージ1GB、カラーはGrossy BlackとGrossy Whiteの2色。
名前のとおり「Xperia Neo(国内未発売)」の後継機にあたりミドルレンジモデルとなります。

イベントが行われた中国で発売されることは決定しておりますが、その他の地域については未定。
また、発売時期についても未定となっております。

国内での発売はミドルレンジ端末ということで可能性は低そうですが、ソニーモバイルの端末に、初期状態から Android 4.0が搭載されたのは『Xperia neo L(MT25i)』が初めて。
今後登場するソニーモバイル端末も Android 4.0搭載が標準になるかもしれませんねー。

ソース:sonymobile

ウォーリーを探せ Xperia acro ケース Gウォーリーを探せ Xperia acro ケース G

ワタナベ
売り上げランキング : 2052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【SONY】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する