中小店舗のオーナー歓喜!低コストでクレジット決済が可能になる『PayPal Here』が日本でも

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

中小店舗のオーナー歓喜!低コストでクレジット決済が可能になる『PayPal Here』が日本でも

paypal_1.jpg

5月9日、ソフトバンクと PayPal は記者会見を開催し、合弁会社「PayPal Japan」を設立する事を明らかにしました。

それにあわせて、スマートフォンでクレジットカード決済を行えるサービス『PayPal Here』の日本導入も発表、サービスは初期導入店舗では本日からサービスを開始し、一般向けのサービス提供は来月以降を予定しているそうです。

paypal_2.jpg

PayPal Here』は、スマートフォンでクレジットカードを読み取るためのカードリーダー(画像)を、購入すれば小難しい設備を整えなくてもクレジットカード決済を導入する事ができるというもの。従来、クレジットカード決済の導入には10万円程度のカードリーダーの導入コスト、入金が月1~2回、5%~8%の手数料が必要で、中小規模の店舗ではなかなか導入が難しかった現実がありました。

しかしこのアタッチメント式のカードリーダーは1200円程度で販売される予定で、決済手数料は5%、即日入金、しかもカードリーダー購入以外の維持費もありません。中小規模の店舗でも低コストでクレジットカード決済を導入することが出来ちゃうわけです。

利用者にとっては現金とカードの他に無料のアプリを使うことで、 PayPalアカウントでも決済することができます。「買い物は絶対にカードを使いたい!」というポイントマニアの方たちにも広がり次第ではいい環境になっていきそうです。


カードリーダーの事前予約はウェブサイトで受け付けています、気になる方はソース先より。

ソース:PayPal公式

カード決済にも黒船ですねー。
主流になるかはまだこれからですが、日本のカード業界もボーっとしていると、中小企業の決済手数料は全部 PayPal とソフトバンクに持っていかれちゃうかも?結局黒船が来て開国するといういつもの流れでしょうか。
スマートマネー経済圏 新版スマートマネー経済圏 新版
野村総合研究所:安岡寛道、田中大輔、木ノ下健 電通:平川健司、石橋英城、小林千波

日経BP社 2011-09-01
売り上げランキング : 137787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する