ソニーモバイル、新Xperia2機種を発表!『Xperia go』『Xperia acro S』2012年Q3に発売予定。詳細スペックと動画

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソニーモバイル、新Xperia2機種を発表!『Xperia go』『Xperia acro S』2012年Q3に発売予定。詳細スペックと動画

Xperia_go_Xperia_acro_S_TopImage.png

ソニーモバイルが5月30日、新型のXperiaシリーズを2機種発表しましたよ!
発表されたのは『Xperia go』『Xperia acro S』で、どちらも2012年Q3(7~9月)の発売を予定、グローバル展開を予定しているそうです。

それでは早速2機種のスペックをご紹介!

Xperia go

Xperia_go.jpg
  • OS:Android 2.3 → Android 4.0にアップグレード予定有り
  • CPU:ST-Ericsson NOVAThor U8500 1.0GHz デュアルコア
  • ディスプレイ:3.5インチHVGA(480×320)TFT液晶
  • メモリ:512MB
  • ストレージ:8GB
  • 外部ストレージ:microSD/microSDHC(最大32GB)
  • カメラ:500万画素CMOS、LEDフラッシュ搭載、720p動画撮影可、サブカメラ無し
  • 通信:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、DLNA、ANT+
  • 外部端子類:micro-USB、3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー:1,305mAh(取外し不可)
  • サイズ / 重さ:111mm × 60.3mm × 9.8mm / 重さ110g
  • カラー:ブラック、ホワイト、イエロー
  • その他:防水・防塵、耐衝撃、傷防止ガラス

『Xperia go』は過去に発売された「Xperia active」の後継機にあたるタフネススマートフォン。
「active」譲りのその性能は、IP67相当の防水・防塵性能、耐衝撃にも優れており、心拍数を計測できる「Ant+」や気圧 / 圧力センサーといったセンサー系機能が充実しているのも特徴です。

大きさも 3.5インチと小型で携帯しやすいサイズとなっている。端末の性能的には最新のハイエンド機に比べると若干落ちる感じですね。
尚、米国での製品名は「Xperia advance」になるとの事。



Xperia Acro S

Xperia_go.jpg
  • OS:Android 4.0
  • CPU:Qualcomm Snapdragon MSM8260 1.5GHz デュアルコア
  • GPU: Adreno 220
  • ディスプレイ:4.3インチHD(1,280×720)、TFT液晶
  • メモリ:1GB
  • ストレージ16GB
  • 外部ストレージ:microSD/microSDHC(最大32GB)
  • カメラ:1,210万画素(Exmor R CMOS)、LEDフラッシュ搭載、1080p動画撮影
  • サブカメラ:130万画素
  • 通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、DLNA、NFC、+ EDR
  • 外部端子類:micro-USB、micro-HDMI、microSDスロット、3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー:1,910mAh(取外し不可)
  • カラー:ブラック、ホワイト、ピンク
  • サイズ / 重さ:126mm × 66mm × 11.9mm、重さ:147g
  • PlayStation Certified対応
  • その他:防水・防塵、傷防止ガラス

『Xperia acro S』は国内で大人気の「Xperia acro HD」がベースとなった端末。
国内版との違いは、ワンセグ、おサイフ機能(FeliCa)、赤外線機能がなくなり、代わりに NFCが追加。acroの最大の特徴ともいうべき国内機能が全て省かれている悲しさ。
「PlayStation Certified」対応端末なのでプレステのゲームで遊ぶこともできます。


国内での発売があるとすれば「Xperia go」になると思いますが、どうなるでしょうね。
グローバル展開を予定しているという事なので期待してもいいかも??

ソース:ソニーモバイル公式 / News
【SONY】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する