Googleマップすげぇ…3D版Google Earth、スマホ向けオフライン機能など、大幅リニューアル

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

Googleマップすげぇ…3D版Google Earth、スマホ向けオフライン機能など、大幅リニューアル

Google-Earth-3D-Maps-iPad-demo-580x438.jpg

今度のGoogleマップは3D表示!

米グーグルが現地時間6月6日に「The Next Dimension of Google maps」と題されたメディア向けイベントを開催し、Googleマップ関連の新技術を発表しました。

発表会では予想されたとおり「3Dマップ技術」に関する発表が行われました。

これまでの Googleマップも建物の 3D化はされていましたが、今回発表されたのは建物だけでなく、木や岩肌、車など都市を丸ごと3Dで再現しているの点が今までとの違い。Google は自社で所有する飛行機を実際に飛ばして上空からスキャンしたそうです。

それはもう「シムシティ」「A列車で行こう」の強化版みたいな緻密さです▼

プラットフォームは Android および iOS、今後数週間のうちにモバイル版の Google Earth に追加される予定。

また、Android版Googleマップにオフライン機能が提供される事も発表されました。
特定地域のデータを端末内にキャッシュする事で通信が届かない場所でも閲覧出来るようになります。これまでも似たような機能はありましたが詳細マップやストリートビューにいたるまで、よりオンラインに近い感覚でアクセスできるようになるそうです。

ストリートビュー関連では、人が背負って撮影するバックパック型の「トレッカー」という撮影機材も登場、これにより自動車や自転車で行けなかった場所を徒歩で撮影できるようになります。▼

最後に今回の発表には「VS Apple」という側面もあるとされており、こちらがAppleが買収した企業が持つMAP技術で、iOS6には標準搭載されると予想されています。▼  どっちが凄いでしょうねー?

参考ソース:YouTube / androidpolice
【Google】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する