京都地裁『au の2年縛り 解約金9,975円は違法』 au側が敗訴!今後どうなる

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

京都地裁『au の2年縛り 解約金9,975円は違法』 au側が敗訴!今後どうなる

aubykddilogo.png

大ニュースですよ、大ニュース!

「京都消費者契約ネットワーク」が「KDDI の割引プランで、中途解約をすると解約金9,975円を請求される契約は消費者契約法に違反し無効だ」と訴えていた裁判が京都地裁で19日行われ、その違法性を認める判決が下り KDDI側に返還命令が出されたそうです。

ヨミウリ・オンラインの記事を抜粋すると以下のように

佐藤明裁判長は「(条項は)消費者の利益を一方的に害するものだ」と違法性を認め、条項の使用差し止めを命じた。解約金の一部についても返還するよう命じた。

携帯電話の解約金の違法性を認め、条項の使用差し止めを命じた判決は初めて。
KDDIの割引プランは3月末現在、同社の契約件数約3510万件8割が利用している。


同種の裁判が今年3月NTTドコモを相手に行われましたが、そこでは同地裁が「しっかりと説明されているので、条項は有効です。」と判決を出したばかり。そこからまさかの大逆転劇となりました。

・関連記事
『ドコモの2年縛り、解約金9,975円の請求は有効』京都地裁で判決・・・

2年縛り契約をする事で端末を安く購入できるという利点がある反面、解約金が発生しない契約解除期間が更新月の1ヶ月しかなく、それを過ぎると再度2年間の契約が自動で更新されるという点が問題視されていました。

ドコモが OK で au が NG というおかしな話になってきましたが、今後ソフトバンクなどの他キャリアを含めどうなるのか注目ですね。

ソース:yomiuri.co.jp
ゼロからはじめる au ARROWS Z ISW11F スマートガイドゼロからはじめる au ARROWS Z ISW11F スマートガイド
技術評論社編集部

技術評論社 2012-01-31
売り上げランキング : 56238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【au】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する