HTC、ハイスペックな『HTC One X+』を発表!クアッドコア1.7GHz、2,100mAhバッテリーなど搭載

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

HTC、ハイスペックな『HTC One X+』を発表!クアッドコア1.7GHz、2,100mAhバッテリーなど搭載

HTC One Xpuls

スペック狂は満足できそうです。

台湾HTCが10月2日、ハイエンドモデル『HTC One X+』を発表しました。これは今年の4月に発表した「HTC One X」のマイナーチェンジモデルとなります。

早速スペックをチェックしていきましょう!

HTC One X+

OS:Android 4.1 JellyBean with HTC Sense 4+
CPU:1.7GHz クアッドコアNVIDIA Tegra 3 AP37
RAM:1GB
GPU:ULP GeForce
ストレージ:64GB(英国版)
ディスプレイ:4.7インチSUper LCD 2 (1280×720)ゴリラガラス2
カメラ:800万画素 前面カメラ:160万画素
通信:WiFi 802.11 a/b/g/n Bluetooth V4.0
外部端子:microSD/microSDHC(最大32GB)、microUSB
バッテリー容量:2100mAh
サイズ/重さ:134.36 x 69.9 x 8.9 mm / 135g
カラー:ブラック


「HTC One X」から変更された箇所を挙げていくと OSがAndroid 4.0→Android 4.1にアップデート、独自インタフェースの「HTC Sense」もバージョン4+にアップデートされます。
CPUは「1.5GHz ARM Cortex-A9クアッドコア」→「1.7GHz Tegra 3クアッドコア」に変更され、ストレージは32GBから64GBに、バッテリーは1800から2100mAhへとそれぞれ拡大されました。その分重量が5g+

デザインについては Beats Audioのロゴ、カメラレンズの周りに赤色を、全体的にはこれまでのHTC同様、無難なデザインとなっております。


発売予定は10月中に米・欧州・北アジアで発売し、11月には南アジアで発売する予定。価格は6万円前後で日本の販売については不明となっております。

Tegra 3 や RAM容量については賛否ありますが、HTCの現行機としては最高、Androidスマートフォンのなかでもトップクラスのスペックとなりました!スペック競争もついにここまで…ッ
さてさて国内発売はあるでしょうか。

HTC
レイ・アウト[au htc EVO 3D(ISW12HT)専用]気泡ゼロ高光沢防指紋 液晶保護フィルムRT-ISW12HTF/C1レイ・アウト[au htc EVO 3D(ISW12HT)専用]気泡ゼロ高光沢防指紋 液晶保護フィルムRT-ISW12HTF/C1

レイ・アウト 2011-10-07
売り上げランキング : 453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【その他・海外】カテゴリーの過去記事
タグ: HTC | コメントする
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する