Apple『時計デザインパクリ問題』でスイス連邦鉄道と和解、パクリを認めライセンス契約

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

Apple『時計デザインパクリ問題』でスイス連邦鉄道と和解、パクリを認めライセンス契約

mondaina3.jpg

MON DAI NE。(問題ねぇ。)

iPad版の「iOS 6」で採用された新しい時計のデザインが、スイス連邦鉄道(SBB)の時計デザインを丸パクリしているという商標権侵害問題について10月12日、SBBがプレスリリースを発表しました。mondaina2.jpg

それによると「Apple は SBBにライセンス使用料を支払ってSBBの時計のデザインを利用することで両社が和解した。」としています。
つまりはパクリであったことを認めて謝罪したという事ですね。

流石にこのデザインは言い逃れの出来るレベルではなかったので当然といえば当然ですが、どこかの企業のように、パクっておいて逆に訴訟をふっかけるなんて事のしない真摯な対応は素晴らしいのではないかと思います。

SBB プレスリリース

関連記事
iOS 6から提供される iPad用の時計アプリが『MONDAINE』のデザインをパクっている?

アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのかアップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか
日経デザイン

日経BP社 2012-04-19
売り上げランキング : 12834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【Apple】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する