ソフトバンク、米通信事業者スプリント・ネクステルを戦略的買収、世界3位の事業者に

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソフトバンク、米通信事業者スプリント・ネクステルを戦略的買収、世界3位の事業者に

spsof.jpg

これから何が始まるんです?

USTREAMで中継が行われ、ソフトバンクがスプリント・ネクステルを買収する事が正式に発表されました。

額は約201億米ドル(約1兆5709億円)。投資総額のうち約121億米ドル(約9469億円)はスプリントの株主に支払われ、80億米ドル(約6240億円)は同社の財務体質の強化等に投じられるとのこと。
この買収によりグループ総契約者数は9600万となり、日米の市場を含め売上で世界3位となりました。米ではトップの「AT&T」、「ベライゾン」に次ぐ通信事業会社へ

ソフトバンク孫社長のコメント

今回の取引は、ソフトバンクがスマートフォンやLTE等の次世代高速ネットワークの知見を活用して、世界最大の市場である米国でモバイルインターネット革命を展開できる素晴らしい機会だと考えています。日本ですでに実証済みのとおり、ソフトバンクは既存事業者が大きな力を有していた市場に参入し、差別化された商品や革新的なサービスを投入することで、買収したモバイル事業の業績のV字回復及び飛躍的成長を実現させてきました。こうした革新の実績をスプリントの強力なブランド及び現地のリーダーシップと組み合わせることで、米国モバイル市場の競争を活性化させる前向きな一歩を踏み出すことができると確信しています。


スプリントのダン・ヘッセCEOのコメント

今回の取引はスプリントに改革をもたらすものであり、株主の皆様にとって直ちに価値を生み出すだけではなく、将来に向けて、より強力で財務的に強固となるスプリントのこれからの成長に参加いただくことができると考えています。今後、ソフトバンクとともに、日本におけるソフトバンクのLTE展開の成功例を学んで当社の高度化されたLTEネットワークを構築できること、カスタマーエクスペリエンスを改善できること、事業の回復を継続できることを大変喜ばしく思っています。


今後については「本取引による業績等への影響や本取引の具体的な日程につきましては、分かり次第お知らせいたします。」とのこと。関係各機関による承認等が条件となり、最終的に2013年半ばには完了するものとみられています。

日本国内のモバイル市場は既に頭打ちとも言われているだけにソフトバンクは次なるステージへ旅立つわけですね。国内ユーザからすると「おいおい、先に基地局に金使えよ」というツッコミも聞こえてきそうですが、今後その辺りも含めて注目しましょう。

spsof3.jpgspsof4.jpg
spsof5.jpgspsof6.jpg
spsof7.jpgspsof8.jpg
spsof9.jpgspsof10.jpg
spsof11.jpgspsof2.jpg

ソフトバンク:戦略的買収(子会社化)について(PDF)]
【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する