「Google 日本語入力」β版無料公開

SPONSORED LINK

「Google 日本語入力」β版無料公開

2009年12月03日
オープンソースの成果を組み合わせた「Google 日本語入力」β版が無料公開された
ここ数日ネットを騒がせているのでその実力を確かめてみるため、実際にインストールして使ってみました。
変換候補を出すサジェスト機能がブロガーや2chネラーを中心に非常に好評ですね

どこまでカスタマイズできるのか、使い心地など、無料なので実際に試用。

まず公式サイトでダウンロード *自己責任で
http://www.google.com/intl/ja/ime/
snap01520.png

いつものように同意してインストール

text.jpg

入力言語をGoogle日本語入力に切り替えましょう

2日ほど使用した感じでは変換機能はウェブ検索を解析して作られているだけあって新語、専門用語、有名人の名前などの多様な語彙が素晴らしい

例を挙げると
・ただしい→ただしイケメンに限る
・ぐぐれ→ググレカス
・きどうせ→機動戦士ガンダム
・せいんとせ→聖闘士星矢
・かしまあ→鹿島アントラーズ
・どらえ→ドラえもん
じでじ→地デジチューナー
 等々
予測機能が素晴らしい

更に「はだか」でTabを押していくと
hasa.jpg

今まで多く検索されてたであろう単語、時事ネタ、語録などがでてくるのが面白い

グーグル検索の「もしかして」機能を担当した工藤拓氏や、オープンソースの日本語入力システム開発経験がある小松弘幸氏らのエンジニアが中心となって開発。勤務時間の20%を自分の好きなことに使える同社の社内ルール「20%ルール」プロジェクトの成果。
とのことで、今までの蓄積データを元に片手間仕事でこれだけのモノが出来てしまうのが只々関心してしまう。

学習能力も他よりも高い印象を受けました
一度、「何卒宜しくお願い致します」を入力すれば次から「なにと→何卒宜しくお願い致します」が出てくるようになる
ただ自動修正機能はないので、タイプミスなどっで間違った「何卒よろしくお願いします」も次からは「なに→何卒よろしくお願いします」とそのまま出てきますので、間違ったまま使い続けるという事にも。

他に気になったのが、テンキーでの入力が入力モードに依存しているので全角になってしまいます
全体的に半角の混じった入力はまだ弱い印象です
変換時に若干タイムラグがあるのは私の環境のせいでしょうか。
βでこの完成度ですから今後さらに使い勝手も向上されるでしょう。

Googleと日本語入力の組み合わせは意外にも感じられましたが、2010年後半に搭載と噂される「Google OS」を日本でも浸透させることを考えれば、日本語入力は当然でしょうか。
何年か先、マイクロソフトの牙城が崩れているかもしれませんね。
【Google】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する