遂にHTCもギブアップ、RAM容量512MB以下の端末はAndroid4.1のアップデートは無し

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

遂にHTCもギブアップ、RAM容量512MB以下の端末はAndroid4.1のアップデートは無し

Htc_android42.jpg

さすがのHTCさんも限界みたいです。

HTCが公式サイトのFAQページに、Android 4.1へのアップデートに関する情報を更新しました。

それによると、「Android 4.1が提供されない端末は?」という質問に対し「RAM容量が512MBに満たない端末に対しては今後アップデートしない」との記載が追加されました。
国内で発売されている端末ではありませんが、2012年に発売されたモデルでは「HTC One V」や「HTC Desire C」も対象になるとの事。

これまでHTCではアップデートに対して非常に真摯に取り組まれており、Android 4.0が登場した時も真っ先にFaceBookの公式ページで「これからこのOSの研究をして迅速なアップデートをするから待っててね!俺達の目標は出来る限り自社端末をアップデートすることさ!」と発表し、全アンドロイド民を涙させました。

https://www.facebook.com/note.php?note_id=10150493158328084

しかし、Android 4.1に関してはRAM512MB以下の端末では十分なパフォーマンスを提供できないため終了ということに…これだけ頑張ってくれればユーザーも納得でしょうか。

ちなみに国内の端末では「HTV Evo WiMAX」「HTC Aria」「Desire HD」が512MB以下で対象となります。「HTC Evo 3D」より後に登場した端末は1GB以上あるので対象外。
国内のキャリア次第ですがまだ望みはあります、auには頑張って欲しいですね。

HTC

白ロム 携帯電話 au HTC EVO 3D ISW12HT(ブラック)白ロム 携帯電話 au HTC EVO 3D ISW12HT(ブラック)

HTC
売り上げランキング : 1021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する