Amazon、クラウド型の音楽サービス『Amazon Cloud Player』を開始!公式アプリも登場

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

Amazon、クラウド型の音楽サービス『Amazon Cloud Player』を開始!公式アプリも登場

amazon_cloud_play.jpg

開国はいやでござんすペリーさん で覚えましたよね。

Amazonが11月15日、クラウド型の音楽サービス『Amazon Cloud Player』を開始しました。
『Amazon Cloud Player』は「Amazon MP3ストア」で購入した楽曲をクラウド上のストレージに保存して、いつでも、どこでも、どの端末でも聞けるようになるサービス。

amazon_cloud_player_1.jpg

外出中に iPhone や Andoridスマートフォンで気になった曲を購入して、家に帰ってから Windows PC や Mac、Androidタブレットなどの異なる端末を、またいで自由に再生できるようになります。
もちろん「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」にも対応していますよ。(最大10台まで登録可能)

ライブラリ閲覧や検索、プレイリスト作成・管理機能など基本機能も充実。

amazonclaud.jpg

Android版は本日より利用が可能となったわけですが、利用するにはGoogle Playストアで公開された「Amazon MP3」アプリをインストールする必要があります。iOS版はこちら[itunes]。
それぞれリンク先よりダウンロードして下さいね。

肝心のコンテンツ量は、安室奈美恵、EXILE、COLDPLAY、GREEN DAY、ノラ・ジョーンズといった有名どころの楽曲、約2000万曲をラインナップ中。サービス開始にあたり マドンナ や Mr.Big などの洋楽アルバムを期間限定 1,000円で販売するそうです。

そもそも日本版ストア自体は 2010年11月からスタートしておりましたが、ご覧のとおりあまり定着はしませんでした。今回の新サービス開始や Kindleシリーズの発売が起爆剤となり、誰もが使うメジャーなサービスとなるでしょうか?

Amazon Cloud Player][Amazon MP3 名盤セール]
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する