ソフトバンク、「AQUOS PHONE Xx 203SH」のディスプレイを次世代液晶「IGZO」へ変更

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE Xx 203SH」のディスプレイを次世代液晶「IGZO」へ変更

aqos_xx.jpg

ソフトバンクにも「IGZO(イグゾー)」搭載機が

ソフトバンクが、来年の2013年3月上旬以降に発売を予定しているシャープ製のスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」に対し、発表当初の仕様を変更して液晶ディスプレイをシャープの次世代ディスプレイ『IGZO』へと変更することを発表しました。

「IGZO」は、光の透過率を高めるとともに消費電力を大幅に抑え、画面の明るさと電池消費量の低減を両立したシャープの新世代ディスプレーです。

今までのスマートフォンは静止した画像のときでも、表示を維持するためにCPUと液晶が1秒間に60回も動いています。IGZOでは、車が停止中にエンジ ンを止める自動車の低燃費技術のように、静止画表示中はCPUの表示部をストップし、さらに液晶も1秒間にたった1回動くだけ。これにより劇的に電池 の消費を抑え、長い時間使うことが出来るようになっているとの事。

そのほかの仕様は特に変更なく、画面サイズは4.9インチ(1280x720)、1.5GHzクアッドコアCPU搭載、国内機能全部入り、1630万画素カメラ、高速通信「SoftBank 4G」対応、バッテリー2200mAhとなっています。

購入を考えていた方にとっては嬉しい仕様変更ですね。

Softbank プレスリリース
SHARP プラズマクラスター搭載 デスクトップ用 加湿機能付イオン発生機 ブラック系 IG-DK1S-BSHARP プラズマクラスター搭載 デスクトップ用 加湿機能付イオン発生機 ブラック系 IG-DK1S-B

シャープ 2011-11-10
売り上げランキング : 83

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する