ドコモ、新OS「タイゼン」搭載スマートフォンを年内にも発売

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ドコモ、新OS「タイゼン」搭載スマートフォンを年内にも発売

img_tizen01.jpg

どんなOSになるのでしょうか。

ドコモが『TIZEN(タイゼン) OS』を搭載したスマートフォンを、年内にも発売すると MWC 2013の記者会見でドコモの永田清人取締役執行役員が明らかにしました。

『TIZEN OS』はOSの仕様が全面公開されており、アプリの開発には「HTML 5」が採用されています。ドコモやサムスン、韓国KT、端末メーカーの中国ファーウェイ、富士通など計12社が開発に協力しており、Androidや iOSとは違い、通信会社によるOSの改良に制限がないのも大きな特徴です。

また、永田氏は「タイゼンはHTML5の動作が最も優れている」とも語り、auが発売を予告ている「Firefox OS」を意識した発言が早くも飛び出しました。ちなみに「Firefox OS」も『TIZEN OS』と同様のオープンソース+HTML5という戦略を持っています。

当面はドコモの主力である Android端末との住み分けのため、中級価格帯の商品に搭載される事になるだろうとの事。

「TIZEN OS」「Firefox OS」「Blackberry OS」「Windows OS」と、色々なOSが登場していますが、数年後はどのOSが第三のOSの座に座っているでしょうか。四つ巴の戦いが始まるッ…!

[日経新聞電子版]

オススメ関連記事
まだ発売されていないモバイルOS『Firefox OS』をブラウザ上で起動しよう!
ドコモ、来年にも新モバイルOS「TIZEN(タイゼン)」を搭載したスマートフォンを発売か?サムスン製

Xperia Z スーパーユーザーズガイド (100%ムックシリーズ)Xperia Z スーパーユーザーズガイド (100%ムックシリーズ)

晋遊舎 2013-02-08
売り上げランキング : 7222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【Docomo】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する