悲劇、シャープがサムスンと資本提携へ…

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

悲劇、シャープがサムスンと資本提携へ…

sharp_samsung.jpg

嘘だと言ってよシャープ

追記:シャープが「資本提携に関する報道について」というプレスリリースをだし「当社が発表したものではありません」と否定してました。否定しつつ提携するという事もありますので今後の動向には注目ですね。ソース

経営の立て直しを急ぐ家電大手の「シャープ」が、韓国「サムスン電子」と資本提携することで最終調整に入ったとNHKが報じています。

シャープは去年3月、台湾のホンハイ精密工業からおよそ660億円の出資を受けることでいったん合意しましたが条件面で折り合いがつかず交渉は膠着状態が続いていました。最近の報道では13年3月期の第1四半期決算で、大幅な下方修正をし、通期で2500億円の最終赤字を見込むといいます。

こうした危機的な状況で、シャープは新たに韓国の「サムスン電子」から100億円規模の出資を受けることで最終調整に入ったとの事。

この提携により、シャープは、大幅な赤字で悪化した財務基盤を改善するとともに、液晶パネル工場の稼働率を上げられるというメリットがあり、サムスンは液晶パネルの安定した調達ルートを確保するの事が出来るメリットがあります。

この報道が事実であれば、シャープは主力の液晶事業で競合してきた最大のライバルの資本を受け入れて経営再建を目指すことになります。これまで培われてきた技術も、これから様々な端末に搭載される「IGZO」の技術もサムスンとの共有していくことになるのですね…。

背に腹はかえられぬということだとは思いますが、日本人として非常に残念な出来事です。

NHK
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する