Twitterが独自の音楽サービス『Twitter #Music』をスタート ※日本は現時点で未対応

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

Twitterが独自の音楽サービス『Twitter #Music』をスタート ※日本は現時点で未対応

Twitter m

すっごくお洒落です

Twitter が数日前に #musicというサイトを開設して何が始まるのかと話題になっていましたが、4月18日、音楽サービス『Twitter #music』を正式にスタートしました。
ただし現時点で日本は未対応で、まずは米国など6ヵ国での提供となります。また、iOS版のアプリがリリースされましたが国内からはダウンロードすることはできません。

Twitter #Musicとは


公式ブログによると『Twitter #Music』は Twitter を通じて新しい音楽やアーティストに出会い、共有するサービスとの事。具体的にはツイートやリツイート、お気に入りなどの Twitter上でのアクションを元に、人気の曲やアーティストを提案してくれるというサービスです。

ツイッターミュージック

こちらがウェブ版のインターフェース。
まだ国内向けには対応していないためか一部の機能しか動作しませんでした。(19日時点)

左のメニューを上から見ていくと

・人気のある曲
・人気が出そうな曲
・お勧めの曲
・#NowPlaying
・自分の曲


といった項目があり、「お勧めの曲」ではフォローしているアーティストや普段聴いている曲から「こんな曲は如何でしょうか?」と提案してくれ。「#NowPlaying」では自分がフォローしているユーザーが何を聴いて薦めているかを見せてくれます。

#NowPlaying」を実際に使ってみる


ウェブ版で唯一動作した「#NowPlaying」を実際に使ってみました▼
Twitter_music_2_20130419042051.jpg  

フォローしている人達が聴いているアーティストの写真がこの様にメトロスタイル風に一覧表示され、再生ボタンをクリックすれば、音楽プレーヤーが起動して「iTunes」のサンプルが再生されていきます。
その曲が気に入れば横にある「iTunes」のボタンを押して直接購入することも可能。右のツイートボタンを押して曲についてつぶやけば、他のユーザーが「#NowPlaying」を開いた時にその情報が生かされていきます。

「iTunes」のサンプル以外にも、海外で展開されている音楽配信サービス「Spotify」や「Rdio」に加入している場合は一曲フルで楽曲を聴くことも可能です。

この他、ここで発見したアーティストをクリックすればそのアーティストの曲を聴けるのはもちろん、そのアーティストがフォローしているアーティストを知ることが出来、さらにそのアーティストの曲を聴きつつそのアーティストがフォローするアーティストの曲を……という終わりのない永久機関へ。

つまり iTunes、Spotify、Rdio の3つの音楽サービスと連動し、既存のツイッター機能と融合させて終わりのない新しい音楽の発見をユーザーに提供するというサービスです。Twitterの中の人は天才ですなぁ…。

今後の予定


現在は米国、カナダ、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドでのみで利用可能となっており、今後サービス地域を拡大する予定。また、他の音楽関連サービスとも連動していくそうです。
また、現在は iOS版しか公開されていませんが Android版のアプリも提供されるとの事。

この手のサービスではいつも遅れる日本ですが期待しておきましょう。
気になる方は下記のリンクよりご覧下さい。

TwitterBlog][https://music.twitter.com/
【ネットサービス】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する