優良ツイッタークライアント『TweetDeck』が5月7日で提供を終了

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

優良ツイッタークライアント『TweetDeck』が5月7日で提供を終了

TwieetDect ロゴ

まだ愛用している方も多いのではないでしょうか?

Twitterのクライアントアプリを提供する TweetDeckが4月19日、「TweetDeck for Android」「TweetDeck for iPhone」「TweetDeck fo AIR」の3サービスを現地時間5月7日に終了することを発表しました

5月7日を過ぎると各アプリマーケットから姿を消し、端末にインストールされているアプリに関しても機能が停止されます。また、Facebookとの統合機能についても同時に停止されるとのこと。
今後は「TweetDeck」の Chrome版 と PC版 のみ継続していくそうです。

Twitter社は 2012年9月より Twitter APIバージョン1.1 の提供を開始しました。
これに伴ない開発者向けのガイドラインを大幅に変更し、クライアントアプリのユーザー数に10万人という上限を設けるなど、サードパーティーにとって非常に厳しい内容となっています。
これらが影響して今後も終了するクライアントが出るのは間違いないでしょう。

「TweetDeck for Android」からの乗り換えを考えている方は「TweetCaster」を個人的にオススメします、使いやすいと思いますよ!まぁ長いものには巻かれろで、そのまま「公式Twiiteアプリ」に乗り換えるのも手かもしれませんけどね。

[TweetDeck]
【Twitter関連】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する