NHKと民放テレビ局、スマホでどこでも試聴できる転送サービスを年内に開始

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

NHKと民放テレビ局、スマホでどこでも試聴できる転送サービスを年内に開始

NHK スマホ受信

ネット配信ではなく、“転送”だそうです。

日経新聞電子版が報じた情報によりますと、NHKと在京民放5局が年内にも、テレビ放送をインターネット経由でスマートフォンなどに無料で転送するサービスを開始すると報じています。総務省主催の「放送サービスの高度化に関する検討会」で協議され、5月中にも正式に発表されるそうです。

このサービスは専用テレビが放送電波を受信し、ネット経由でスマホやタブレット、パソコンなどの端末に転送するサービス。専用テレビとスマホがあれば外出先でもリアルタムでテレビ番組が視聴できるという事です。

転送機能の付いたテレビはソニー、東芝、パナソニックが年内をメドに発売する予定で、価格は通常のテレビより最大で数万円高くなる見通し。1台のテレビから転送できる端末は8台まで。ワンセグ

今のところワンセグ放送を携帯端末で受信してテレビ放送を視聴する事はできますが、電波が届いていない場所などでは全く視聴する事ができませんでした。その点このサービスであれば、通信環境が安定している限り、滑らかな画質で試聴することが可能です。


また、ネットでも度々議論となるNHKの受信料問題ですが、新サービスでは転送元のテレビのみに課されます。テレビで受信した番組情報を視聴者が私的に再利用するという位置付けで著作権問題は発生しないそうです。

利権を守るため、これまでネット経由での放送を積極的に行ってこなかった経緯がありますが、若者を中心にテレビ離れが加速する昨今、遂に各局は転送という形ではありますが視聴機会を増やす道を選んだようです。民放局であれば視聴者増加で広告収入のアップも見込めます。

日経新聞電子版

【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する