NTT Com、月額980円のLTEサービスを強化 最低速度200Kbpsに!最強MVNOきたー

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

NTT Com、月額980円のLTEサービスを強化 最低速度200Kbpsに!最強MVNOきたー

OCN モバイル エントリー d LTE 980 マイクロSIMパッケージ T0003352

これ一択じゃないでしょうか。

5月23日、NTTコミュニケーションズが2013年4月8日より提供を開始した、月額980円のLTE対応モバイルデータ通信サービス『OCN モバイル エントリー d LTE 980』の機能強化が発表されました。
強化された点は3つあり、以下のようになります。

(1)1日30MB超過時の通信速度を100kbpsから200kbpsへ増速
これまで、1日の合計通信量が30MBを超過した場合、当日24時までの通信速度を最大100kbpsに制限しておりましたが、最大200kbpsに増速します。

(2)SIMフリー版「iPad mini」でも利用可能なnanoSIMカードの提供
現在提供中の標準SIMカード、マイクロSIMカードに加え、新たにnanoSIMカードを販売開始します。これにより、SIMフリー版の「iPad mini」などでも、サービスを利用できるように。

「OCN モバイル エントリー d LTE 980 nanoSIM」
Amazon.co.jp 販売ページ:http://www.amazon.co.jp/dp/B00CU3ALFE

(3)FOMA(3G)端末への対応
LTE端末に加えて、新たにFOMA(3G)端末での利用が可能となります。これにより、「Nexus 7」やSIMフリー版の「iPhone 4S」を含む多様な3G端末で、サービスが利用できるように。


この『OCN モバイル エントリー d LTE 980』の特徴を少し説明すると、1日の合計通信量が30Mバイトまで、LTE回線、FOMA回線を利用することができ、30Mバイトを超えた場合は最大100Kbpsに制限されて継続利用が可能。翌日には再びリセットされ 再度30MB分のLTE通信を利用できる……という仕様でした。

そしてこの発表により、超過した場合の速度が 100kbpsから 200kbpsへと増速されます。

ライバルを見ても、日本通信が提供する月額980円の「イオンSIM」や「スマートSIM」は常時150kbps、30MB分のLTE通信はなし。IIJmioが提供するIIJmio ミニマムスタートプラン」では月額945円の常時200kbps、30MB分のLTE通信はなし。

規制速度が 200kbpsに引き上げられたことにより、少ないながらも毎日30MB分のLTE通信が使えるという“オマケ”は他社を引き離す大きな魅力となりそうです。

この他では「nanoSIMカード」の提供やFOMA(3G)端末への対応により、SIMフリー版の「iPad mini」「iPhone 4S」「Nexus 7」などへの対応も発表されました。
本日5月23日より適用が開始されます。

NTTコミュニケーションズ

by カエレバ
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する