図書館で“新刊”や“ベストセラー”電子書籍の貸出が始まるようです

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

図書館で“新刊”や“ベストセラー”電子書籍の貸出が始まるようです

図書館

しかもネットを通じて!

NHKニュースの報道によると、新刊やベストセラーの電子書籍が図書館で借りられるようになるかもしれません。

これまで図書館での電子書籍の貸し出しは、著作権の保護期間が切れている書籍などを中心に一部の図書館などで行われていました。新刊やベストセラー作品については、電子書籍としてほとんど借りることができませんでした。

しかし、大手出版社の「KADOKAWA」「講談社」、大手書店の「紀伊國屋書店」が、全国に約3000ある公共の図書館を対象に、貸し出しの仕組み作りに乗り出すことになったそうです。著作権者と図書館の関係者らと対価を受け取る仕組みをルール化するとのこと。

具体的には出版社が図書館側に課金することで、利益を確保するということです。これにより利用者はこれまでどおり無料で読むことができます。

計画どおり実現されれば、全国の図書館で人気作品の電子書籍を借りることができ、更には現地に行って借りる必要はなく、インターネットを通じて借りることができるそうです。

NHKニュース

出版社に支払う対価は勿論税金なのでこれを利用しない手はありませんよね。
新刊がインターネットを通じて無料でレンタルできるというのは既存の書店にとっては存在理由すら危うくなる出来事だと思うのですが、さてさてどうなるのでしょうか。ラインナップを含め続報に期待しておきましょう。
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
いい意味でお役所仕事らしく無いというか、珍しくいい取り組みをするなぁ
[ 2013年07月15日 14:20 ]
期待しちゃいますよね
利権を守るために微妙なサービスになる予感もしますけど!
[ 2013年07月15日 14:35 ]
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する