【悲報】NEC、スマートフォン事業から撤退を発表 ガラケーとタブレットは継続

SPONSORED LINK

【悲報】NEC、スマートフォン事業から撤退を発表 ガラケーとタブレットは継続

medeias

世界最薄で復権する、そう思っていた時期が僕にもありました。

NECは7月31日、噂されていたスマートフォン事業からの撤退を正式に公式サイトで発表しました。本日、2013年7月31日をもってスマートフォンの新規開発を中止し、販売中の機種をもって生産および販売を終了します。

今後は現在発売されているスマートフォンの保守、ならびにフィーチャーフォン、タブレットの開発・製造は継続していくとのこと。

撤退の理由については以下のように発表されました。

スマートフォンの急速な普及など携帯電話端末の市場が大きく変化する中、競争力の維持・強化にはスケールメリットが重要となっています。
しかしながら、当社の携帯電話端末事業は出荷台数が減少傾向にあり、今後の業績改善を見通すことが難しくなっています。こうした状況を踏まえ、当社は、携帯電話端末事業の方向性について総合的に検討した結果、このたびの決定にいたりました。


今月に入ってからスマートフォン事業から撤退するという報道が頻繁にされるようになり、一時はNEC側で「決定した事実はない」として否定するコメントを出していました。しかし最終的に立て直しが難しいと判断されたためスマートフォン事業からは完全に撤退する事となったようです。

NECでは中国レノボとの事業統合の道も模索されていましたが、出資比率で折り合いがつかず破談。国内メーカー最後の砦ともいわれたドコモでも、今季はツートップ戦略を打ち出しサムスンとソニーモバイルを超優遇。一説にはこれが止めを刺したとも言われていますね。

NECカシオモバイルコミュニケーションズといえば、「MEDIAS」や「G’zOne」シリーズを発売していましたが、今後はこれらの端末が発売されないと思うと少し寂しいような気も…何といっても最後に発売したのが 2画面スマホ「MEDIAS W」というのが涙を誘います。

シャープ、パナソニック、富士通などの国内メーカーは今後生き残れるのでしょうか。

NEC

MEDIAS W ファーストガイド (インプレスムック)
エディトル
インプレスジャパン (2013-04-19)
売り上げランキング: 28,603
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
タグ: NEC | コメントする
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する