ソフトバンク、スマホ向けのプリペイドサービス「プリスマ」を9月6日より開始

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソフトバンク、スマホ向けのプリペイドサービス「プリスマ」を9月6日より開始

プリスマ

プリスマで最初に提供される「LUMIX Phone 101P」

ソフトバンクは8月29日、プリペイド式のスマートフォン向けサービス「プリスマ」を9月6日から開始します。

「プリスマ」はこれまでのプリペイド携帯で提供されていた、通話・メール機能に加えて、3G通信によるパケットの定額サービスが利用できます。定額プランは2日(945円)/7日(2835円)/30日(7350円)の3プランが用意されており、好みに合わせて購入して使用できるのが特徴。
国内通話料は6秒あたり9円、LTE とテザリングには対応していません。

ryoukin_20130829231113d78.jpg

なお、使い放題という訳ではなく、1ヵ月で通信量が1.2GBを超えた場合は、通信速度の制御が行われる可能性があります。月間のパケット通信料にかかわらず、2日プランは200Mバイト、7日プランは700Mバイト、30日プランは3Gバイトを超えた場合は終了日まで通信速度が制限される点には注意が必要です。

 サービス開始時点のプリスマ対応携帯電話は、「LUMIX Phone 101P」「PANTONE 5 107SH」「STREAM 201HW 3G」の3機種。9月6日より全国の取扱店で販売が開始されます。

softbankmobile
【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する