ソニー、レンズスタイルカメラ「DSC-QX100 / QX10」の国内発売を発表 10月25日より

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソニー、レンズスタイルカメラ「DSC-QX100 / QX10」の国内発売を発表 10月25日より

renz_cam_sony.jpg

日本でも!

SONYは9月12日、IFA2013で発表したレンズスタイルカメラ「DSC-QX100 / QX10」の、日本国内販売を発表しました。発売日は10月25日(金)。
価格はオープンとなっていますが大手の通販サイトなどを見てみると「DSC-QX100」は5万円~「DSC-QX10」は2万3000円~で購入できるようです。

このレンズスタイルカメラは、「Cyber-shot」シリーズの新商品という位置付け。
ファインダーやディスプレイを持たない代わりに、スマートフォンとWi-Fi接続する事で、スマートフォンの画面をモニターとして映像を確認しながら、写真や動画を撮影する事ができます。

また、Wi-Fiの届く範囲であればスマートフォンと離して、手持ちで自由な角度に構えながらの撮影も可能。撮影後には、スマートフォンからお気に入りのアプリで写真を編集・加工・SNSへのアップロードなども快適に行なえるなど、今までになかった前衛的なカメラレンズです。

DSC-QX10 仕様

41IzF_.jpg
・光学10倍ズームと光学式手ブレ補正機能
・F3.3 Gレンズ
・1820万画素1/2.3型 裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサー
・「プレミアムおまかせオート」機能搭載
・本体重量105g
・対応:Andorid2.3以降、iOS4.3以降の端末


これまでスマートフォンの単焦点カメラでは難しい遠方の被写体をブレずに画質の劣化なく美しく撮影できます。また、「プレミアムおまかせオート」機能により、従来撮影が困難であった暗いシーンでも、フラッシュなしで明るく、ノイズを抑えた撮影ができるため、暗い室内や夜景でも、より鮮やかで明るい写真を残すことができるとのこと。

DSC-QX100

311B00_AA300_.jpg
・光学3.6倍ズーム
・1.0型 裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサー
・2020万画素
・開放値F1.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT」レンズ
・本体重量179g
・対応:Andorid2.3以降、iOS4.3以降の端末


高級コンパクトカメラ「RX100 II」同様、大型(1.0型)の裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rは、一般的なコンパクトカメラで採用されている1/2.3型と比べ、約4倍の面積および有効約2020万画素により、細かなディテールまで忠実に描写でくるとのこと。


品薄になる可能性の高い商品なので、確実に欲しい方は早めに予約しておきましょう。
「Q10」の白を買おうかなと悩んでいます。

SONY プレスリリース
ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ホワイト)
by カエレバ



ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX100
by カエレバ
【SONY】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する