ソフトバンク、富士通製「ARROWS A(エース) SoftBank 301F」を発表 指紋認証付き5インチ端末

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソフトバンク、富士通製「ARROWS A(エース) SoftBank 301F」を発表 指紋認証付き5インチ端末

arrows_a_301f_a.jpg

10分の充電で1日分!?

ソフトバンクモバイルは9月30日、2013-2014年冬春モデルとして富士通製「ARROWS A 301F」を発表しました。発売は12月上旬を予定しています。

スペックは以下のように▼

富士通製「ARROWS A(エース) SoftBank 301F」

arrows_a_301f_B.jpg

OS:Android 4.2
ディスプレイ:5インチ TFT(1920×1080)
CPU:Snapdragon 800 2.2GHzクアッド
RAM:2GB
ストレージ:64GB
サイズ:141×70×10.3mm
重量:157g
カメラ:1310万画素(前面カメラ125万画素)
通信:LTE、WiFi 802.11 a/ac/b/g/n、Bluetooth 4.0
外部端子:microSD対応(最大64GB)
バッテリー:2600mAh
筐体カラー:画像の3色
その他:防水を含む国内機能全部入り、指紋センサ、NFC対応



・10分の充電で一日、フル充電で三日間使える電池持ち
10分の充電で一日使用できる超急速充電に対応。充電を忘れても、外出前に短時間充電するだけで一日安心です。また、フル充電で三日間の電池持ちを実現しました。さらに、「ヒューマンセントリックエンジン」により利用状況に最適化した省電力化を自動で行うため、電池切れの心配なく長時間使用することができます。

・1,310万画素カメラを搭載

メインカメラには有効画素数1,310万画素の高画質カメラを搭載。「パーフェクトチューニング」機能により、環境に合わせて最適な色補正を行うので、色鮮やかで明るい写真をカメラまかせで撮影できます。さらに「インテリジェントフラッシュ」機能によってフラッシュの輝度を被写体との距離に応じて自動調整するとともに、「クイックフォーカス」機能でカメラを構えた時の姿勢を検出して素早く正確に被写体にフォーカスを合わせるため、どんなシーンでもきれいな写真を残すことが可能です。

・富士通独自の「スマート指紋センサー」を搭載
富士通独自の「スマート指紋センサー」により堅牢なセキュリティーを実現。指定した電話帳や写真などを非表示にする「プライバシーモード」も指紋センサーの長押しで簡単に切り替え可能です。

・2.2GHzクアッドコアCPU搭載

CPUには、高速な処理性能を持つ2.2GHzクアッドコアCPU「MSM8974」を搭載し、高画質な動画もスムーズに視聴できます。64GBのROMを搭載しているので、お気に入りの画像や動画も多数保存可能です。

・「ダイヤモンドタフコート」で本体も傷つきにくい
滑らかなフォルムでデザインされているので、手になじみ、ポケットにも収まりやすく、心地よく使用できます。さらに、通常塗装の3.5倍摩擦に強い、ダイヤモンド粒子を使用した「ダイヤモンドタフコート」で本体を塗装しているので傷つきにくく、買ったばかりのきれいな状態を長く保つことができます。なお、「SoftBank SELECTION」から、装着したままでも同梱の卓上ホルダーで充電できるハードケースが発売される予定です。

softbank:ARROWS A プレスリリース
【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する