Google、広告と各種サービスにユーザー名と写真の使用を開始 11月11日より

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

Google、広告と各種サービスにユーザー名と写真の使用を開始 11月11日より

google_kaitei_201310130314505cf.jpg

こんな感じになるみたいです

Googleにアクセスすると「利用規約の更新」という通知が出ていると思いますが、皆さん目を通しましたでしょうか?Googleは 11月11日に利用規約を更新する事を発表しましたよ。

発表された更新は大きく分けて3つあり、その中で注目なのが「プロフィール名と写真の表示方法(レビュー、広告などでの表示)」という項目です。

Googleの各種サービスでコメントを書き込んだり、「+1」を押したり、フォローをするなどの行動をとったときのみ、アカウント登録しているユーザー名と写真が使用されるというもの。ユーザー情報は Google 広告や Google Play / Map など、各種サービスに使用されます。※画像参照

これは、友だちやその友だちなど、コンテンツの共有先として指定したユーザーだけに表示されます。

greerreer.jpg

また、広告に限り表示を完全に無効にする事も可能で、こちらのGoogle+のページから一番下にある「自分のアクティビティに基づき、....」と書いてあるチェックボックスに、チェックを入れない状態で保存をすれば表示されなくなります。
広告以外のコンテンツでのユーザー名と写真の表示を無効にすることはできません。

一例としては Google Play でアルバムに評価を付けると、その評価が友だちに表示されて「このアルバムってどうだったの?」なーんて話が広がったりするかも。Google では、あなただけでなく友だちやその友だちに対しても、最も役立つ情報を提供したいと考えています。

Googleポリシーと原則][Google+]

できるポケット Google スマートに使いこなす基本&活用ワザ 180 [グーグルの便利ワザ160 改訂新版]
渥美 祐輔 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 128,312
【Google】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する