「Chromecast」公式アプリが日本のGoogle Playでダウンロード可能になる

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

「Chromecast」公式アプリが日本のGoogle Playでダウンロード可能になる

ccast.jpg

これで並行輸入品も気軽に買えます

Googleが開発・販売するドングル型のデバイス、「Chromecast」の公式アプリが日本の GooglePlay でようやくダウンロード可能になりました。

この端末はテレビのHDMI端子に接続してWi-Fiで繋ぐことで、パソコンやスマートフォン、タブレットなどで表示しているクラウド上の映像、音楽、写真、ウェブページなどの映像をテレビで観ることができるというもの。日本での正式発売は行われていませんが、並行輸入品は国内でも手に入れることが出来ます。

初回のセットアップには、必ずこの管理アプリを使って Wi-Fi のアクセスポイントに接続させる必要がありました。これまで米国でしか提供されておらず、並行輸入品を購入した場合は自力で何とかするしかありませんでしたが、今後は簡単にセットアップをする事ができます。

Googleが日本で正式に発売するかは分かりませんが、こうなってくると予定があるのかなと期待しちゃいますね。ちなみに海外での販売価格は35ドルで販売されています。

GooglePlay

【Google】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する