モトローラが「Project Ara」発表 自分で部品を選んでスマートフォンを作る

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

モトローラが「Project Ara」発表 自分で部品を選んでスマートフォンを作る

motorola-ara1-650x433k.jpg

モトローラはぷちカスタマイズがうりになるようです。

モトローラは28日、パーツを自由に組み合わせて自分好みのスマートフォンを作れる「Project Ara」を発表しました。

ユーザーはモジュール化された充電ポート、プロセッサ、ディスプレイ、カメラ、などの複数の部品を選び、骨格にあたるendoskeleton (endo)に好みのパーツを装着して自由にスマートフォンを構成するする事ができます。それぞれがバラバラのモジュールになっているため、CPUやカメラに不満を感じたときはその部分のモジュールだけを購入してアップグレードする事も可能です。

motorola-ara2-650x433k.jpg
project_atra.jpg

また、モトローラの純製パーツだけではなく、将来的にはサードパーティ製ハードウェアもサポートし、新たなスマートフォン・プラットフォームとなることを目指しています。開発者にとっては、ハードウェア開発に対する参入のハードルを下げ、開発期間を短縮することも目的です。

現在はβテストのような状況で、公式サイトで希望者を募っています。招待されたユーザーは開発ツール「Module Developer’s Kit (MDK)」のα版を受け取ることができるそうです。

モトローラでは「Project Ara」の構想から一年以上このプロジェクトに取り組んできたとのこと。「Moto X」も発売されていない日本で発売されるかはわかりませんが、ハードウェアの新しいプラットフォームとして今後に注目ですねー。

ara][公式ブログ
日本通信 bモバイル・スマホ電話SIM for LTE マイクロSIM [AM-SDLM]
日本通信 (2013-03-27)
売り上げランキング: 494
【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する