Tizen OSの開発に36社が新たに参加 コナミ、マカフィー、パナソニック、シャープなど

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

Tizen OSの開発に36社が新たに参加 コナミ、マカフィー、パナソニック、シャープなど

taizen.jpg

開発は進んでいるようです。

サムスンが主導して開発を続けている新しいスマートフォンOS「TIZEN」に、新たな企業36社が参入しました。公式サイトの発表によると TIZEN OS の開発と商業化を加速することを目的とするものとしています。

参加企業には日本の企業も名を連ねており、コナミ、シャープ、パナソニック、NTTデータMSE、広告業のF@N。更に海外企業からはオークションの「eBay」、ウイルス駆除ソフトでお馴染みの「Trend Micro」「McAfee」、世界のラジオが聴ける「Tunein」といった企業が参入しました。

11 Bit Studios
ACCESS
appbackr
AppCarousel
ArtSpark Holdings
Celsys Inc.
Citymaps
Crucial Tec
eBay
F@N Communications
Goo Technologies
HERE, a Nokia business
MobicaHI Corporation
Igalia S.L.
KeyPoint Technologies
KONAMI
Konantech
McAfee
Monotype Imaging Inc.
Mutecsoft
Neos Corporation
NTT Data MSE
OpenMobile
Panasonic
ReaktoPCPhase
Quixeyr Fusion
Sharp
Symphony Teleca
Systena
The Weather Channel
Tieto
TrendMicro
TuneIn Radio
YoYo Games

日本ではドコモの冬モデルとして2013年度中には 同OSを搭載するスマートフォンが発売される予定でしたが、開発の遅れから2014年前半に延期されることが報じられたばかり。

一方で同様のコンセプトを持つ「Firefox OS」を採用したスマートフォンはすでに海外では販売が開始されました。また、低スペックのスマートフォンでも快適に動作することが売りとなっている同OSですが、Android OSの 新バージョン4.4 については低スペックでも快適に動くように改良されたことが発表されました。

日本企業も数多くするTizen OS、今後の動向に注目しておきましょう。

Tizen
基礎から学ぶ Tizenアプリ開発
坂本 俊之
シーアンドアール研究所
売り上げランキング: 52,789
【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する