スクエニ、2008年に発表した「ファイナルファンタジーIV ジ・アフターイヤーズ -月の帰還-」をスマホ向けに再リメイク

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

スクエニ、2008年に発表した「ファイナルファンタジーIV ジ・アフターイヤーズ -月の帰還-」をスマホ向けに再リメイク

ff4tuki.jpg

Android、iOS版が同時リリース

スクウェアエニックスは11月25日、2008年に携帯端末向けにリリースした「ファイナルファンタジーIV ジ・アフターイヤーズ -月の帰還-」をフル3Dにリメイクして再リリースしました。Android版、iOS版が既に両マーケットで公開されており価格は1,800円。

この作品は『ファイナルファンタジーIV』の十数年後の世界を舞台とした正統な続編で仲間達はもちろん、セシルとローザの息子のセオドアの他、新キャラクターも多数登場しているとのこと。

・10個のストーリー
 物語の幕を開けるセオドア編。
 プレイの順番を自由に楽しめる6つのフリーストーリー。
 物語の核心へ進んでいく、カイン編、月の民編、真月編。
 全10個のストーリーが、ひとつのアプリで楽しめます。

・アクティブタイムバトル
 前作に引き続きアクティブタイムバトルを採用。バトル中は常に時間が流れており、名前の横のゲージがいっぱいになったキャラクターからコマンドを選択できます。

・月齢
 月の満ち欠けがバトルに様々な影響を与える、月齢システムを搭載。プレイ時間の経過や、宿屋に泊まるなどで月齢が変化します。

・バンド
 仲間同士で力を合わせて、強力な効果を放つ技「バンド」。本作では、イベントで習得するか、キャラクター同士の親密度を上げることで習得できます。また、新密度を上げていくことで、バンドのレベルが上がっていきます。

・ミニマップ
 現在地点の付近を確認できるミニマップを実装。ミニマップをタップすると、全体マップを見ることができます。

<ストーリー>
かつての戦いが終わりを告げ、セシルとローザの間にはセオドアという息子が生まれた。物語はそのセオドアが飛空艇団「赤き翼」に志願し一人前となる試練に向かうところから始まる。 空には再びもう一つの月があらわれ、魔物たちが動き出す。平穏を取り戻した青き星に、新たなる異変が迫りつつあった。
フリーストーリーではリディアやエッジなど、かつてFFIVで活躍した仲間達のストーリーをお楽しみいただけます。そして、すべてのストーリーは、再び現れた「もう一つの月」の謎へと集結してゆく…



動作要件はAndroid2.3以降、iOS4.3以降を搭載する端末となっています。スクエニというだけあってやはりお高いですが、ファイナルファンタジーファンの方は下記のリンクよりチェックしてみてくださいね。

GooglePlay][iTunes

【ゲーム】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する