ドコモ、歩行中のスマホ操作を警告する『歩きスマホ防止機能』を12月5日より提供開始

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ドコモ、歩行中のスマホ操作を警告する『歩きスマホ防止機能』を12月5日より提供開始

ドコモ あんしんモード

確かに危ないですもんね

ドコモは、歩きながらのスマートフォン操作による事故防止とマナー向上の取り組みとして、現在提供している「あんしんモード」に『歩きスマホ防止機能』を追加し、2013年12月5日(木曜)より提供を開始することを発表しました。

『歩きスマホ防止機能』は、スマートフォンを見ながら歩くと、歩行中であることを検知し警告画面を表示する機能で、警告画面が表示されている間は、スマートフォンの操作ができなくなります。
月額料金は無料で、「あんしんモード」アプリのインストールを行い、「歩きスマホ防止機能」を設定するとすぐに利用する事ができる。対応端末はAndroid4.1以降。

 警告画面が表示されるタイミング  スマートフォンを見ながら歩行中であることを検知した時
 警告画面が消えるタイミング  歩行停止を検知した時
 警告画面の「閉じる」ボタンをタップした時(10秒間のみ)
 電源ボタンを長押しした時(5秒間のみ)

歩行検知の感度は3段階(高・標準・低)で設定が可能です。
提供開始後はユーザーからの反響等を踏まえ、検知精度レベルや制限レベル等の適正化を図っていくとの事、提供当初はおためし機能として提供するとしています。

確かに人混みの中でフラフラと「歩きスマホ」している人が最近は多いですよね。ただ強制機能ではないため「歩きスマホ」をする人がインストールしてONにするか?というとちょっと微妙かもしれません…精度が上がれば行く行くは強制になるのでしょうか。

Docomo
【Docomo】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する