サムスン、充電中に炎上した Galaxy S4の所有者に口止めするも失敗!逆に怒りを買い拡散される

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

サムスン、充電中に炎上した Galaxy S4の所有者に口止めするも失敗!逆に怒りを買い拡散される

samsung-galaxy-s-4-burnt-usb-540x303.jpg

今までの炎上事件も…

先週、YouTubeの動画配信者 GhostlyRich氏の持っていた「Galaxy S4」が、充電中に燃え出したそうです。就寝中に起こった出来事で、煙の匂いで目が覚めたとの事。

GhostlyRich氏は証拠を残すためにYouTubeに動画を作成してアップロードします。
こちらがその動画です。▼


幸いな事にバッテリーが破裂するまでの温度には到達しなかったようですが、マイクロUSBポートが焦げて使えない状態になってしまったため、保証期間を利用してサムスンに無償修理・交換を依頼しました。

数日後にサムスンから返信の手紙が届きます。▼


その手紙には「貴方のアップロードしたYouTubeの動画を消した場合に限り交換に応じます。よろしければこちらに署名して下さい。」といった、修理できないユーザーの足元を見た、半強制的な書面が返送されてきたそうです。

これに激怒した GhostlyRich氏がこの動画を作成し拡散。
現時点で7万回以上再生されており、海外のユーザーを中心に波紋が広がっています。「これまでの炎上事件もこうやって口止めしてきたのではないか?」といった書き込みも…。

サムスンに原因がなかったにせよ、このインターネット時代に脅しともとれる文章をユーザーに送りつけるという自爆行為。多くのユーザーの反感を買い、イメージまで損なってしまいます。
もう少しスマートで円満な方法があったのではないでしょうか。

neowin.net][Androidcommunity
【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する