Google Glassで自宅の家電をリモートコントロール カリフォルニア大学の学生チームが実験中

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

Google Glassで自宅の家電をリモートコントロール カリフォルニア大学の学生チームが実験中

teaser_small.jpg

いろいろ出来るようになりそうです。

Googleのウェアラブルデバイス「Google Glass」を利用した、家電のリモートコントロールをカリフォリニア大学バークレイ校のラボチームが実験中だそうです。

具体的には操作したい家電を視野にいれ、「Google Glass」の側面についているタッチパッドで操作します。無線LAN、赤外線を使用してテレビのボリューム調整や卓上ランプの点灯など、その対象をその場にいながらに家電を制御する事ができます。

公開された動画がこちら▼


有効範囲は60センチ~120センチ、対象物が2個以上ある場合はタッチパッドをスライドすることで切り替えることも可能。名称は「Glas Sees」?とタイトルにはあります。商用化については不明。

「Google Glass」は今後も様々な使い道が模索されていきそうですね。
見た目はあれですけど使ってみたいガジェット!

eecs.berkeley.edu

【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する