ヨーロッパでは携帯電話の充電器が統一されるかも?欧州議会でメーカーに義務付ける事を合意

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ヨーロッパでは携帯電話の充電器が統一されるかも?欧州議会でメーカーに義務付ける事を合意

ko-do_sml.jpg

使う側からすると統一してくれると有難いですよね。

欧州議会(MEP)と欧州連合理事会のメンバーはリトアニアで開催された会議にて、携帯電話の充電器の規格を統一するようメーカーに義務付けることに合意しました。

目的としては競合メーカーが無数に規格を作りユーザーの不利益になるのを避けるため、また、電子製品の廃棄物の増加を防ぐことなどが挙げられます。

具体的には現在多くの端末で利用されている「microUSB 規格」に準拠した充電コネクタが使用されていくようです。Android端末、WindowsPhoneでは既に「microUSB規格」が一般的となっていますので、Apple の Lightningケーブルが最も影響を受けることになるでしょう。

なお、これは最終的な決定ではなく2014年3月の投票で加盟国ならび、域内市場委員会に採択されると実施されます。正式に決定した場合は加盟国の法律調整に2年の猶予期間が設けられます。

「あの端末を買えばこのケーブル(別売り)も買わなきゃ」が欧州ではなくなるかもしれません。
日本でも統一されることを期待しておきましょう。

europarl.europa.eu][androidcommunity
【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する