LINE、知らない番号からの発信元表示、着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」を発表

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

LINE、知らない番号からの発信元表示、着信拒否ができるアプリ「LINE whoscall」を発表

6a24dbe0-s.jpg

これはいいですねー!

LINEは1月9日、Android向けに「LINE whoscall」というアプリをリリースしました。

「LINE whoscall」はアドレス帳に登録していない番号からの電話・SMSの着信があった場合に発信者の情報を表示させたり、指定した番号からの電話やSMSを拒否できる機能を持ったアプリです。初めてかかってきた番号でも、応答する前から企業や店舗からの着信なのか、迷惑電話からの着信なのかが確認できます。

例えばこんな時に便利!

  • 宅配サービスから部屋番号の確認電話がきたけれど、知らない番号だったので電話に出なかった
  • 予約した飲食店から人数確認の電話がかかってきたけれど、知らない番号だったので出るのをためらった
  • 両親や祖父母が、見知らぬ電話番号からの振込み詐欺の電話を受けたことがある
  • スパム業者などからのイタズラや勧誘の電話/SMSがしつこい
  • 有名なお店や会社の電話番号と自分の携帯電話番号が似ているため、間違い電話が多い
LINE公式

登録していない番号が表示される仕組みは、企業や店舗などが世間に公開している電話番号を集めたイエローページ(タウンページ)、ネットに掲載されている企業や店舗の電話番号、ユーザーが通報した迷惑行為をしている電話番号を集約したスパムデータから表示されるそうです。

ユーザーからの通報件数が多いとピックアップされるため、迷惑電話に折り返して電話をしてしまうということも格段に減るはずです。

line_who.jpg
スパム登録された時の通知

推奨環境はAndroid 2.2以上を搭載する端末、利用料金は無料。
「LINE」との連携機能はなく、別途ダウンロードが必要となります。LINEと連携していないため、友達の共有や、ブロックした番号の共有などは一切行われません。全く別のアプリをインストールすると考えましょう。

たまーに出ようか出まいか悩む電話があったりするんですよね、大体が営業の電話でイラッと…下記のリンクよりダウンロードできます。

LINE whoscall - 発信元表示・着信拒否
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する