ドコモ、Android搭載のルームミラー型ドライブインフォ端末をお披露目 年内にも発売を予定

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ドコモ、Android搭載のルームミラー型ドライブインフォ端末をお披露目 年内にも発売を予定

res_214542_1.jpg

次世代ルームミラー

昨年11月に東京モーターショーでドコモがパイオニアとの共同開発として参考出品した Android OS搭載のルームミラー型ドライブインフォ端末『Drive Agent Mirror』が CES2014 で披露されました。レスポンスによると年内の発売の可能性が高いとのこと。

『Drive Agent Mirror』はスマートフォンの機能が搭載された次世代ルームミラーで、本体には LTE通信機能や GPSセンサーを内蔵。背面にはカメラも備えており、通常のドライブレコーダーと同じように、衝撃時には映像データが自動的に保存される機能も搭載。
もちろん Android端末なので各種アプリをインストールすることも可能です。

res_214542_7.jpg
res_214542_3.jpg

ミラーの右側1/3が液晶ディスプレイとなっており、GoogleMapなどを表示してのナビ、スマートフォンのように各種アプリの起動や、メールの送受信、各種SNSの操作を行うことができます。走行中に渋滞情報を捉えればそれを告知したり、車線逸脱や先行車への異常接近時にも警告を行うといった機能も。

操作はタッチパネルと音声認識によって行うことが可能ですが、ドライブ中の操作を想定しているため、基本的には音声認識によって操作を行います。

気になるのは本来のミラー部分が1/3失われる事ですが、画面を表示していないときは通常のワイドミラーと大きくは変わらないとの事。取り付けも簡単で、ルームミラーに挟み込むだけ、そのかわり電源の供給はシガーソケットから取る必要が有ります。

発売日を含め、価格についても後日発表されます。
スマートフォンよりは安く設定してほしいところですよね。

gazoo
【Docomo】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する