京セラ、タフネスAndroidスマートフォン「TORQUE SKT01」を3月下旬に国内販売 

SPONSORED LINK

京セラ、タフネスAndroidスマートフォン「TORQUE SKT01」を3月下旬に国内販売 

torque.jpg

ドコモ回線で通信できます

京セラは1月27日、防水・防塵・耐衝撃性能を備えるタフネスAndroidスマートフォン「TORQUE SKT01(トルク)」を3月下旬に国内で販売することを発表しました。「TORQUE」は昨年3月より米国で展開されたスマートフォンで、ようやく国内での販売も行われる事になりました。

TORQUE SKT01


OS:Android 4.2
CPU:Qualcomm Snapdragon S4 Plus (MSM8960)1.2GHzデュアル
RAM:1.5GB
ストレージ:8GB(micro SD 最大32GB対応)
ディスプレイ:4インチ(800×480)IPS 液晶
カメラ:800万画素CMOS、サブ:130万画素CMOS
ネットワーク:LTE(800M/2GHz) W-CDMA(800M/2GHz)
通信:WiFi 802.11 b/g/n Bluetooth 4.0
サイズ:129×69×13.7mm
重量:171g
バッテリー:2520mAh
防水/防塵/Militaryスペック:IPX5・IPX7 / IP6X / MIL-STD-810G



タフネス性能については落下、耐振動、高温、低温、塩水など過酷な環境下での性能試験である米国国防総省軍事規格(MIL-STD-810G)及び、防水規格IPX5·IPX7、防塵規格IP6Xに準拠。これらに対応するスマートフォンは国内初ということです。

この他、京セラのセラミック技術を基に開発した「スマートソニックレシーバー」を搭載。ディスプレイ部を広範囲に振動させ、音と振動で相手の声を伝える独自機能です。従来の端末にある受話口が無いため、騒がしい場所においても、受話口を気にすることなく、耳全体をスマートフォンで覆うことで相手の声がクリアに聞き取れます。

販売はダイワボウ情報システムを介して販売されます。プレスリリースによると「高い耐久性を求められる建設業、物流業などのビジネスの現場でお使いいただけます。」ということなので建築や工事現場など働く方向けの業務用スマートフォンになるかもしれません。

[京セラ・プレスリリース]
【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する