低価格SIMの満足度調査をMMD総研が発表。OCN、IIJ、BIGLOBE、日本通信の4社から調査

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

低価格SIMの満足度調査をMMD総研が発表。OCN、IIJ、BIGLOBE、日本通信の4社から調査

carahuruSIM.jpg

満足度1位の栄冠は…!?

MMD研究所は2014年2月18日~2月23日の期間を対象に、MVNO各社が提供している低価格SIMカードの満足度調査を行いました。調査は利用者の多い OCN、IIJ、BIGLOBE、日本通信の4社で、合計1000人(各250サンプル)を対象に、購入理由や、利用SIMカードの満足度などを調査したとのこと。

20140226_21.png

まずこのグラフでは低価格SIMカードの満足度を月額料金、通信品質、データ容量、サポートの充実、総合評価など、計12項目について調査を行い、総合評価で「満足」~「不満」の数値を調べたもの。

全体で見ると 69.2%の約7割が満足しているという結果になりました。
提供会社別に見た満足度は IIJの利用者が77.6%、OCN利用者が72.8%、BIGLOBE利用者が72.0%、日本通信利用者が54.4%となり、IIJ利用者の満足度が最も高いという事に。

20140226_20.png

「初期費用」では、値引きや"オマケ”を頻繁に行う OCNがトップの66%、「月額料金」は IIJ と BIGLOBE が82.0%と高評価。BIGLOBEでは光フレッツなどを契約していると月/200円引きとなるセット割が存在、その辺りがポイント高の理由かもしれません。

注目したいのは格安SIMを使う上で最も気になる「通信品質」と「通信速度」。
OCN、IIJ、BIGLOBEが60%前後を獲得するなか、日本通信だけは通信品質で48%、通信速度については38%と、満足している人が他社に比べて著しく少ない事がわかります。日本通信は全体的に見ても厳しい評価といえます。

20140226_11.png

重視する点については「月額料金」が90%の第一位、次いで「初期費用」が83%、「通信速度」が82%、「通信品質」80%と、「安い、速い」が今後の低価格SIMカードを購入するポイントとなりそうです。

MMD研究所

似たようなプラン内容で、同じドコモ網を使っていてこれだけ差が生まれるというのも面白いですよね。最近では各社から様々な格安SIMカードが登場していますので、購入する前の下調べはしておきましょう。
まぁ失敗してもすぐに他へ移れるのがMVNOのいい所でもありますけどね!

関連記事
格安SIMまとめ!1,000円以下限定、比較一覧(ドコモMVNO)


【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する