ソフトバンク、アメリカでは「お父さん犬」ではなく「お父さんハムスター」がCMに登場!名前は「トム」

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソフトバンク、アメリカでは「お父さん犬」ではなく「お父さんハムスター」がCMに登場!名前は「トム」

hamusuta.jpg

ハムスターもいいですね。

ソフトバンクが2013年7月に買収した米国の携帯事業会社「Sprint Nextel」のCMが初公開されました。そのCMのなかで、日本ではお馴染み「お父さん犬」のような、「お父さんハムスター」が登場して話題となっていますよ。

CMは日本で放送されている「白戸家」のような構成となっており、ハムスターお父さんのトムを中心とした「フロビンソン一家」の物語。トムは普通の男で、スポーツの熱狂的なファンでもあり発明家、好物はナッツ、24やガジェットが好き!といった細かな設定が家族それぞれにあります。

この辺りは日本でも定着させてきたように、キャラとして育てる気満々という感じがしますよね。
公開されたのがこちらの2本▼




このCMは、スプリントのユーザー同氏で構成される10人のグループを設定るすると通信料金が定額になるというもの。家族や友達も誘って加入すれば、1回線加わる毎に5ドル安くなっていき、7回線以上のグループが作られると最大25ドルになるという芋づる面白いプランです。

「お父さん犬」は既にソフトバンクの顔と言っても過言ではないほど日本では浸透していまが、このハムスターも スプリントの顔となるのでしょうか。

Sprint
【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する