パナソニック、世界初の4K対応ウェアラブルビデオカメラ「HX-A500」発表。撮影された4k動画も公開

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

パナソニック、世界初の4K対応ウェアラブルビデオカメラ「HX-A500」発表。撮影された4k動画も公開

パナソニック 4Kレコーダー

時代は4kですかー

パナソニックは3月24日、4K画質の撮影に対応したウェアラブルビデオカメラ「HX-A500」を発表しました。発売は2014年5月で、欧州での価格は379.99ポンド(約64,000円)を予定しています。

「HX-A500」は本体部分とカメラに別れており、ヘルメットや腕などにバンドで固定することでハンズフリーで撮影することができます。

本体部分は1.5型液晶ディスプレイを搭載、NFCとWi-Fiを搭載し、Android/iOSアプリ「Panasonic Image App」からスマホなどに動画を保存することや、動画編集、SNSへのアップロード、USTREAMを経由したライブ放送なども可能です。

カメラは最高で4K (3820 x 2160)、毎秒25フレームの高解像度録画に対応。
画像処理プロセッサー「クリスタルエンジンプロ+」と裏面照射型CMOSセンサーによって、暗い場所でもきれいな画質で録画できます。そのほか、手ぶれ補正、傾き補正、スローモーション撮影機能などを搭載。

最大水深3メートルまで、30分間使用できる防水・防塵機能を備えます。
重量はカメラユニットが31g、本体部約119g。

こちらが実際に撮影された動画、ブログに貼り付けると「歯車ボタン」が消えて「4K」を選択する事ができませんが、YouTubeでは画質の変更が可能なのでそちらで試してみてください。▼


ついこの間 HD解像度になったような感覚でしたが、もう次の解像度なんですよね~。3Dテレビという前例があるので、もう少し4kテレビを買うのは待とうと思います!

パナソニック英

【その他・海外】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する