ドコモ、「新たな定額料金プラン・家族割」の一部報道を否定

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ドコモ、「新たな定額料金プラン・家族割」の一部報道を否定

20100825003_docomo.jpg

否定からの~?

ドコモは9日、日本経済新聞やロイターといった大手メディアが報じた「新料金プランの導入」についてコメントを発表しました。

今回これらのメディアは、ドコモがデータ通信がお得になる「家族割」の導入と、音声通話を定額にする「定額サービス」の導入を6月にも開始する方向で検討していると報じていました。

新しい「家族割」は家族複数人でドコモのスマートフォンを契約すると、10GB/1万円程度でデータ通信量を分け合うというもの。4人家族であれば2.5GBのデータ量を2,500円で利用できる事になり、現在提供中の3GB4,700円よりも遥かに安く利用する事ができます。
音声通話の「定額サービス」については、時間や他社携帯電話、固定電話に関係なく、月々一律2,700円程度の料金で電話を掛け放題になるとされていました。

そしてNTTドコモがこれらの報道を受けてコメントを発表

本日、一部報道機関において、当社が新たな料金プランを導入する旨の報道がありましたが、当社が発表したものではございません。
料金プランについては、お客様にドコモをより長くご利用いただけるよう様々なプランを検討していますが、現時点で決定した事実はございません。NTTドコモ


完全に否定はせず、含みを持った発表になりました。

否定しながら導入されるのもよくある話。報道によれば6月以降に登場するということなので、ドコモの新機種発表会ではこれらの発表にも注目ですね。ソフトバンクもスマ放題を導入したところなので今年は各通信キャリアの料金プランが大きく動くことになるかもしれません。

ロイター

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [White]
シャープ
売り上げランキング: 738
【Docomo】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する