ドコモ、新料金プランを発表。音声定額プランにデータ量を家族で共有するプランなど、6月1日より開始

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ドコモ、新料金プランを発表。音声定額プランにデータ量を家族で共有するプランなど、6月1日より開始

ドコモ

お得なのどうなのか。

ドコモは4月10日、国内の音声通話を定額とし、パケット通信データ量を家族間・法人間で分け合える「カケホーダイ&パケあえる」を発表しました。新プランへの予約は5月15日(木)より行われ、6月1日よりサービスの提供が開始する予定です。

また、長期利用者向けの「ずっとドコモ割」、25歳以下が対象となる「U25応援割」も発表しています。

カケホーダイ&パケあえる


「カケホーダイ&パケあえる」は6月1日より提供される音声定額プランとデータ通信の共有プランになります。このプランは「基本プラン」とデータ通信プランの「パケットパック定額」にそれぞれ加入する必要があります。

「カケホーダイ」は Xi、FOMA回線での国内音声通話料が通話時間や回数に関係なく定額で利用することができます。

「基本プラン」月額料金▼
docomo_kakeae2.jpg

スマホであれば2,700円、ドコモケータイであれば2,200円でかけ放題となります。


そして、データ通信量を複数の契約回線で分け合うことができる「パケットパック定額」がこちら。

パケットパック定額料金▼
docomo_kakeae3.jpg

個人向けには上限2GB/5GBのプランがあり、家族向けには10GB~30GBまでのプランが用意されました。

パケットパックの上限を超えた場合には通信速度が上下128Kbpsに制限されます。1,000円で1GBをチャージして速度制限を解除する「スピードモード」を利用することも可能です。

なお、家族や個人でデータをシェアしあう場合には、子回線にシェアオプション料として月額500円が必要です。

基本使用料で6種類、合計データ量の目安で7種類のプランが用意されており、利用用途や状況等にあわせてこれらを"組み合わせて”利用することになります。


ずっとドコモ割、U25応援割


この割引は単体では適用されません。
上記の「カケホーダイ&パケあえる」に加入している方限定の割引になります。

割引額や適用条件は以下のように▼
docomo_kakeae4.jpg

「ずっとドコモ割」は利用年数と加入プランによって基本料金が割引されます。
「U25応援割」は26歳の誕生日まで-500円+月/1GBのパケット通信量が追加されます。


9月以降の契約


このプランの誕生により、既存の Xiプランの新規受付が2014年8月末をもって終了します。FOMAでは既存プラン・割引サービス等への新規申込受付は継続されます。

9月以降の契約に関しては、現行プランで最安の「タイプXiにねん」月額料金743円がなくなり、2,700円の「カケ・ホーダイプラン」しか選択できなくなります。また「パケ・ホーダイフラット」もなくなりますので、単身の場合は最大でも5GBの「データMパック」となります。

電話をする方にとっては良いプランとなりそうですが、単身者や格安に維持していた方にとっては微妙なところではないでしょうか。

NTTドコモ
【Docomo】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する