富士通とジャストシステムがスマホ史上最高の文字入力システム「Super ATOK ULTIAS」を発表

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

富士通とジャストシステムがスマホ史上最高の文字入力システム「Super ATOK ULTIAS」を発表

atok_urutora.jpg

なんか凄いネーミングです!

富士通とジャストシステムは24日、スマートフォン史上最高レベルの文字入力を実現した日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS(スーパーエイトック ウルティアス)」を共同開発したと発表しましたよ。

このシステムは、既にスマホ向けに提供されてきた「ATOK」とは違い、最新のパソコン版ATOKと同じ推測エンジンや登録語彙数を搭載。入力した言葉や文脈に合わせて適切な言葉を表示するなど、かしこい変換機能の搭載に加え、打ち間違いを修正して正しい表記を知らせる補正機能が強化されています。



20140424_atok-1.jpg

この他・・・

・使い分けに悩む言葉の意味を表示!(例:移動・異動・異同など)
・今まで変換できなかった言葉が変換できる!(例:あめんぼう=水馬、ふけ=雲脂など)
・町名や郵便番号から簡単に住所入力(例:ゆうらくちょう=岐阜県足利市有楽町・埼玉県の~、東京の~)
・辞書で調べることなくすぐに英語入力(例:感謝する=appreciate、アーカイブ=archive)
・その時期にトレンドのワードが追加される



富士通はこれまでのスマートフォンの開発で培ったノウハウを活かし、タッチした場所を正確に認識する技術や、使い慣れたキーボードを選択できる機能、フリックモードなど技術を提供しているようです。

なお、この製品は一般の製品やアプリ化の予定はなく、富士通製スマートフォンにのみ提供を予定しているとの事。入力システムとして人気のATOKという事で少し残念ですね。

富士通

【その他・国内】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する