ソフトバンクの孫社長「発表会の役割は終えた」…今後も新スマホ発表会を見合わせる方針

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ソフトバンクの孫社長「発表会の役割は終えた」…今後も新スマホ発表会を見合わせる方針

IMG_3552-480x269.jpg

iPhoenは別でしょうけど寂しいような。。

ソフトバンクの孫正義社長は5月7日、都内で開いた決算発表にて、季節ごとに行ってきた「新機種発表会」を数年は見合わせると話しました。

KDDIでは本日5月8日、ドコモは5月14日に夏モデルの発表会を行うことを発表していましたが、ソフトバンクだけが予定を発表していませんでした。
この発言により新モデル発表は行われない事が確定したことになります。

孫社長いわく「これまでは発表会を年に2回か3回開いていた。数十機種を発表していたころは必要性があったが、iPhoneについてはAppleさんが発表を行っている。Androidスマホは機能の差がそんなにない。それを発表会という形でやる意味がどれだけあるのだろうか?」
年に2、3回、たくさんの機種を集めて行う形式の発表会は役割を終えたと認識している。」と述べ、状況が変わるまで見合わせるといいます。


ソフトバンクでは古くから iPhone が主力だったため、ドコモなどに比べると元々機種数は多くありませんでした。しかし、状況が変わるまではプレスリリースのみでの発表されると思うと、なんだか少し寂しいような気もしますよねー。

産経

キレるソフトバンク
キレるソフトバンク
posted with amazlet at 14.05.07
日経コミュニケーション編集 榊原 康
日経BP社
売り上げランキング: 133,081

【SoftBank】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する