ドコモが6月下旬から開始する新通話サービス「VoLTE(ボルテ)」まとめ

SPONSORED LINK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:
[タグ未指定]
| CM(-)

ドコモが6月下旬から開始する新通話サービス「VoLTE(ボルテ)」まとめ

volte-biglogo.jpg

どのようなサービスなのか簡単に見て行きましょう!

NTTドコモは、国内で初めて高速通信サービス「LTE」を利用した通話サービス「VoLTE(ボルテ)」を6月下旬に開始する事を2014年の夏モデル発表会にて発表しました。

VoLTEは「Voice over LTE」の略で、LTEネットワーク上で音声通話を可能にする技術です。アプリなどで提供しているIP電話サービスと比べて高品質の音声通話ができます。

対応機種は2014年の夏モデルで6機種だけですが、今後対応機種が増えていく予定。
結局のところ何が変わるのかを見て行きたいと思います。
メリットは大きく分けて4つです。


音声周波帯域が広く、高い声がクリアに聞こえる


音声周波数帯域は従来の300Hz~3.4kHzに比べて50Hz~7kHzと広くなります、高音域をよりクリアに表現することができるため、特に女性の声などはクリアに聞こえるとされています。




発信・着信が早くなる


従来のスマートフォンで音声通話を利用する際は、LTEであっても自動的に3Gに通信を切り替えています。その切り替えの必要がないため、相手への発信・着信が従来よりも早くなります。

間違って発信してしまった場合は手遅れになるかもしれません。




通話中でも高速データ通信が利用できる


例えば通話中に地図を利用する場合でも「高速マルチアクセス」に対応するため、データ通信受信時最大150Mbpsの高速通信を利用できる。 動画では途切れることなく利用できることを紹介しています。




高精細な映像でビデオチャットが可能に


テレビ電話サービス「ビデオコール」にも対応します。従来の製品でも対応していますが、解像度がQVGA相当の高精細で滑らかな映像でも利用が可能です。

なお、2015年9月末まではビデオコールのパケット通信料は無料となるキャンペーンが実施されます。





現状では夏モデル発表会で発表された6機種間の通話のみで「VoLTE」が利用できます。機種が増えるまで、また、自分が対応機種を持つまではメリットを感じることはないでしょう。
なお、料金については従来のスマートフォンと同じく一切の変更はありません。

他社の対応状況をみると、auは VoLTEの導入を表明しています、一方ソフトバンクは現時点で具体的に公表はなし。VoLTEベースの相互接続点が用意された場合には、異なるキャリア間でも高音質の通話が可能になると考えられます。

Docomo][ASCII

【Docomo】カテゴリーの過去記事
この記事にコメントする






管理者にだけ表示を許可する